インフォメーション

2020 / 08 / 24  18:36

映画「はたらく」オンデマンド上映のお知らせ

「自閉症の翔平さん主演!映画「はたらく」全国上映プロジェクト」vol.27

 

映画「はたらく」オンデマンド上映

 

 

鑑賞料金お支払い後、30日間何度でもご覧いただけます。 

 

全国どこからでもインターネット環境のあるパソコン等でご覧いただけます。

 

本上映の終了期限は現在のところ決まっておりませんので、お好きなタイミングでご覧ください。

 

 

 

 

2020年9月5日()10時より受付ご鑑賞いただけます。

 

 

詳細は下記をご覧ください。

映画「はたらく」オンデマンド上映情報ページ

https://logosfilm.jp/calendar/3463805

2020 / 07 / 24  12:39

【7/25(土)26(日)】ぷかぷか第6期演劇ワークショップ記録映画ユーチューブ上映

ぷかぷか第6期演劇ワークショップ記録映画ユーチューブ上映

2020年7月25日(土) 10時より公開予定 26日(日)まで公開

 

以下より公開される予定です。

 

ぷかぷかユーチューブページ

https://www.youtube.com/channel/UCn-Gn_BhZdaEq3aLZgpa6XQ

 

2020 / 06 / 29  15:59

映画「はたらく」上映企画を希望される皆様へ

映画「はたらく」上映企画希望されている皆様へお知らせです。

この度、映画「はたらく」上映の他団体様主催上映について、2020年7月より下記となります。

 

新型コロナウイルスの影響を鑑み、上映企画希望者の方には個別に対応させていただきます。

それぞれにあった最善の形で対応させていただきます。

上映企画者募集しております。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

はたらく上映企画しませんか https://logosfilm.jp/free/hataraku_kikaku

2020 / 06 / 29  11:08

文部科学省主催 「共に学び、生きる共生社会コンファレンス」 ダイジェスト映像の制作をしました

文科省様より依頼され、ロゴスフィルムで制作した作品が公開されました。
12分程の作品です。

障害のある方の学校を卒業したあとの学びについて考えている映像です。
この中には、弱さに向き合うことから生まれることがあるというメッセージがあるのですが、これはロゴスフィルムのテーマであります「弱さにある希望」を体現しているような感じです。

もしよろしければ、ご覧ください。

 

文部科学省主催「共に学び、生きる共生社会コンファレンスin関東甲信越ブロック~障害理解の促進、障害者の学びの場の担い手の育成、生涯にわたる学びの場の拡充に向けて~」ダイジェスト映像
https://youtu.be/tJpNYL3DLQw

 

下記の文科省HPにもダイジェスト映像が掲載されています。
令和元年度「共に学び、生きる共生社会コンファレンス」の開催について
https://www.mext.go.jp/a_me…/ikusei/gakusyushien/1421842.htm

 

 

2020 / 04 / 06  10:17

ロゴスフィルムニュースレターvol.12作りました

ロゴスフィルムvol.12 2020年4月号作りました。

今の思いを書かせていただきました。

 

1)近況報告 「新規事業について」

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

現在は新型コロナウイルスのことで皆様、大変な日々をお過ごしのことと思います。

ロゴスフィルムとしては、20204月にロゴスフィルムとして活動開始から16年となり、これから具体的に新規事業を開始していこうとした矢先の出来事でどうしたら良いかと思っています。そして皆様も形はさまざまかと思いますが、私たちと同じように辛い日々かと思います。

この状況は人間の力ではどうすることもできないのでロゴスフィルムとしましては、ロゴスフィルムのテーマであります「弱さにある希望」の言葉のように、こういう時こそ落ち着いて、日々生かされていることの感謝を思い、今できることを日々着実に行っていきたいと思います。そして新型コロナウイルスのことなどの今の社会情勢から、社会全体の価値観が変化していく必要性を私としては強く感じていまして、ロゴスフィルム新規事業はそのような時代に社会から必要とされる媒体となると確信しています。

 

それはロゴスフィルムのテーマであります、「弱さにある希望」を多くの方に知っていただくことを目的とした新規事業です。ロゴスフィルムは、私の個人的な映画を通しての表現活動の場所ということで今まで通り継続しつつ、私の個人的な映画表現以外の映画映像制作に紐づいた新事業を行っていきます。

具体的な活動として今思っていることとしては、今まではずっと障害のある方の才能を生かしたいと思いロゴスフィルム作品の映画制作をしてきましたが、それだと作品が完成すると活動は終わってしまうので、これからは障害のある方に映画という媒体を通して継続的に才能を発揮していただける場所作り、そのことを通して、これからの社会の在り方を多くの方と考えていくプラットフォーム作り、さらにそのことを通して一人一人にあった需要と供給の仕組み作りをしていきたいと思っています。

 

既成の枠組みにとらわれず、一人一人にあった生き方、働き方を模索していきます!

 

新型コロナウイルスのことがあり、ますますこの思いが強くなりました。いつ具体的に活動していけるか全く分かりませんが、この思いを胸にこれから日々できることを考えていきます。

 

ロゴスフィルム代表 齋藤一男

詳細は下記ブログよりご覧ください。 

ロゴスフィルムニュースレターvol.12 2020年4月号

http://logosfilm.jugem.jp/?eid=73

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10